Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

ナガアゴシマ ライフ 

コールマン製ランタンのチェックバルブ交換方法

f:id:naga_agoshima:20170806072355j:image

先日ヤフオクで購入しましたこちらのコールマン製ランタン290A

キャンプ場にて使おうとしました所ポンピングがスカスカ、新しいポンプカップに交換してみました所、今度は空気が押し戻される感じでポンピングがとにかく固い。

 

という事で今回はチェックバルブを交換してみたいと思います。

 

ポンプカップ交換編はこちら↓

 

naga-agoshima.hatenablog.com

 

ポンピングの際空気が押し戻されるのは、チェックバルブ内の真鍮製の球の固着の可能性が高いので今回はこちらを購入。

f:id:naga_agoshima:20170730092006j:plain

http://amzn.asia/gE720GA

チェックバルブ&エアーステム

f:id:naga_agoshima:20170730092219j:plain

http://amzn.asia/hsjsvwX

チェックバルブレンチ

 

 f:id:naga_agoshima:20170806073751j:image

まずはレンチを使って蓋を開けます。

 

f:id:naga_agoshima:20170806074133j:image

次に中に刺さってるこちらのエアーステムという棒を外します。外し方はペンチなどで時計の反対回りに回せば外す事が出来ます。

 

 

f:id:naga_agoshima:20170806074258j:image 

穴の奥に見えるのがチェックバルブです。

マイナスドライバーなどで頑張って外す事も出来る様ですが、ネジ山をなめてしまう可能性もあるので今回はこちらのチェックバルブレンチを使って外します。

 

f:id:naga_agoshima:20170806074407j:image

レンチを差し込んで時計の反対回りに回します。

 

f:id:naga_agoshima:20170806074624j:image

取れました!

こちらがチェックバルブです。

 

f:id:naga_agoshima:20170806074757j:image

新しいチェックバルブと比べてみると、中の銀色の玉が古い方は動かないのとゴムのパッキンもかなり劣化しています。やはり原因はこれですね。

 

先ほどとは逆の手順でパーツをはめていきます。キャップを閉めていざポンピング。

 

f:id:naga_agoshima:20170806081028j:image

んっ?

 

あれっ?

 

固いんですけど?

 

 

 

 

と思ったらポンプノブを開けるの忘れてました 笑。

 

f:id:naga_agoshima:20170806081405j:image

これを時計の反対回りに2回ほど回すと開きます。

 

 

いざポンピング。

f:id:naga_agoshima:20170806081609j:image

 

おぉ〜♪

 

無事直りました!次回のキャンプが楽しみです。

 

まとめ

 

最後にポンプノブを開くのを忘れて焦ってしまいました。

しかしガソリンランタン初心者ならばこんな事も十分ありえるので、ポンピングが固いと思ったらがポンプノブ開いてるかどうか、まず確認したいですね。苦笑

naga-agoshima.hatenablog.com